忍者ブログ

06

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
□    [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



アインス
「すごい……これで全部で7人が解放されたわ!」

フュンフ
「ふう、なんだここは――。おや、アインスかい?」

アインス
「フュンフ!あなたが解放されると、心強いわ!」

フュンフ
「ハハッ、そうだろう、そうだろう。俺様の能力はサイコキネシス。ははぁん……あそこの閉ざされた空間に行きたいんだな? ハァッ!!」

エフェクト

フュンフ
「さあ、これで宇宙船、地球それぞれでいけるところが増えたはずだ」

アインス
「さすがはフュンフね!――なんだか言い方が気に障るけど……。
 あら、あなたは……」

ノイン
「はぁあああぁあああ……ようやく私の出番か」

アインス
「ノイン博士!」

ゼクス
「やあ、アインス君。私がいないせいでだいぶ苦労していたようだね。だが、もう大丈夫。ポチっとな……(スイッチのSE)。さあ、物質転送装置のスイッチをいれてあげたよ。これで、地球と宇宙船RDG号で、物のやり取りが出来る、出来る――が」

アインス
「ああ……あの装置ですか」

ノイン
「そうだ、あれだ。詳細は、スーパーコンピューターの端末に聞くといい」

アインス
「みんな、この装置に過渡な期待は禁物よ」

ゼクス
「しっ、失礼な!!」

アハト
「ははっ、ゼクス博士もアインスにはかなわないな」

アインス
「アハトさん!」

アハト
「やあ、ようやく解放されたよ。僕はこの中で、ずっと皆のことを見ていたんだけど――意図的に情報を隠しているメンバーがいるみたいだね。」

アインス
「どういうこと?」

アハト
「アインスちゃんにはちょっと言えないことなんだ。――そうだ、みんなにだけ教えてあげるから、あとでスーパーコンピューターの端末に聞いてみるといい」


ズィーベン
「私は、ズィーベン。私の能力は、テレパシー。
 ――力を感じます。この中に、特別な人間が二人います。私の力を信じていたもの――それは「神の子」と「預言者」と呼ばれています。
 私のテレパシーの能力で、あなたがたはつながりました。あなたがた2人は、×回だけイメージの共有が出来ます。
 詳しくは、そこのスーパーコンピューターの端末に聞くのです。」

アインス
「ズィーベンさん――
 あっ、みんな! イメージの共有が出来れば、アレが出来るようになるじゃない!」

拍手[0回]

PR
Name

Title

Mailadress

URL

Font Color
Normal   White
Comment

Password
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

忍者ブログ/[PR]

Template by coconuts