忍者ブログ

06

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
□    [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



ゲーム画面。いい感じのエフェクト。

アインス
「3人の乗組員の意識体が解放されたわ!みんな――無事だったのね。」

ツヴァイ
「ふう、やっと解放されたわ。肩が凝って仕方ない」

アインス
「ツヴァイ!よかった、心配していたのよ」

ツヴァイ
「ふふ、女は意外としぶといのよ。――あら、水道が止まっているようね、ちょっと待ってて、宇宙船と地球の核シェルターでの水道の使い方の書類なら持ってるわよ」

アインス
「水道――そういえば、水が必要なところがあったわね……。ありがとう
あなたはドライ! そう、貴方の力も貸してくれない? 」

ドライ
「――ふむ、ゲームの中に閉じ込められるというのも、不思議な感覚だった。見ての通り××(動物名か、うさぎ系の獣人、など)だ。私の能力は、動物との会話だ。さあ、これで君たちも動物たちと話をすることができる。」

アインス
「動物と会話――動物、どこかで……」

フィーア
「アインスよ、わしのことも忘れないでおくれよ。」

アインス
「フィーア! ああ、ちがうの、忘れていたんじゃないのよ」

フィーア
「ああ、わかっとるさ。RDG号の諸君、懐かしき地球で待つみんな、ひさしぶりだ。とはいえ、わしには特殊な能力はないのだが――なに、このタバコが気になるのか?それならば、このタバコを貸してやろう。しかし、くれぐれも火の気には注意するんだぞ? 宇宙船も地球も、火は厳禁だからな。」
 ※タバコ自体を使うか、ハコをつかうか、タバコの灰を使うかでセリフ変更有り

アインス
「みんな、解放された乗組員の能力や情報を使って、ほかの乗組員も早く解放してあげて!
能力の使い方は、すべてスーパーコンピューターの端末へ送信しておいたわ!」

F.O


拍手[0回]

PR
Name

Title

Mailadress

URL

Font Color
Normal   White
Comment

Password
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

忍者ブログ/[PR]

Template by coconuts