忍者ブログ

12

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
□    [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

賢者が捕まっていた牢屋には、蒼い龍が書かれた4つの入れ物があり、
中には、カラフルな龍の鱗が20枚、表にはカタカナ、裏には1-20の数字が書いてありました。


入れ物の底には、それぞれ「15」「40」「65」「90」と書かれていました。

この数字の意味は一体…?

まずは、龍の鱗の裏面の数字を足して同じ数になるようして、
入れ物に書かれた色に合わせて、龍の鱗を配置するところまでが第一ステップでした。
15=1+2+3+4+5
40=6+7+8+9+10
65=11+12+13+14+15
90=16+17+18+19+20

それぞれ正しく配置すると以下のようになります。


次に入れ物の底の裏に書かれていた「M」「N」「Z」「W」のアルファベットを使います。
並べた龍の鱗の文字をアルファベットの一筆書き順に読むと
「ドラゴンノ」「ダエキニヒ」「タセバコタ」「エアラワル」
ドラゴンの唾液に浸せば答え現る
となります。

ドラゴンの唾液は、0の部屋にありました。


ドラゴンの唾液に浸せば答え現る…
百聞は一見にしかず。
浸した時の動画を見てみましょう。

なんと!文字が消えてしまいました!

裏表ともに文字が溶けてしまうのですが、3枚だけ文字が彫ってあったものがありました。
その文字は「ホ」「ノ」「オ」でしたので、答えは「ホノオ」でした。

答えを交換所に伝えると、水の精霊が手に入りました。

<裏話>
最初は龍の鱗ではなく、コインという設定で丸いものをと思っていたのですが、
制作に手間がかかるので、色々試作した結果、マグネットシートを採用しました。
で、コインじゃなくて何だろう…と考えた挙句、龍の鱗にしたというw
溶ける紙は「最高機密Paper」という名前で市販されているものです。

拍手[0回]

PR
Name

Title

Mailadress

URL

Font Color
Normal   White
Comment

Password
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

忍者ブログ/[PR]

Template by coconuts